キャッシング 金利

キャッシングのサービスを選ぶ際の重要なポイントとして「金利」があります。僅かな違いでも金利が安い方が利息に反映される金額は返済期間が長いほど多くなりますから、金利の特性について十分理解した上で借入を行うことをおすすめします。

 

キャッシングの金利について

キャッシングの金利について

 キャッシングをする際によく目にする「金利」ですが、金利と利息は違うというのを知っていますか。お金を借りる際に、借りた金額に加えて支払う必要があるのが利息です。この利息がいくらになるのかを計算するために使うのが金利であり、「%」で表示されます。というのも、金利は借りた金額に対する利息の割合を示しているためです。金利は基本的には年率で示され、キャッシングなどでは実質年率とも呼ばれていることが多くあります。
 この「実質」というのは、キャッシングを申し込んだ際の審査にかかる費用を上乗せした金利のことです。利用者の信用情報の調査や書類の作成にかかる費用は利用者が負担するため、業者はその諸費用を金利に含めています。言いかえると実質年率は、さまざまな諸費用を含めた金利のことです。キャッシングでは実質年率を表示することが法律で定められています。それは利用者は利息以外の費用を支払う必要がなくなることで、支払う利息に対する利用者の誤解がなくせるためです。
 キャッシングで最も重要視されるのが金利で、金利が0.5%違うだけで合計の返済金額が大きく変わります。借り入れ金額が多い場合や長期間の借り入れが必要な場合には、できるだけ低金利のキャッシングを選ぶのがいいでしょう。どの金利が適用されるかというのは利用者の信用度によって変わります。50万円以下の少額のキャッシングでは、最高金利が設定されている場合が多く、最高金利をきちんと確認して選ぶことをおすすめします。

 

キャッシングの金利計算方法について

キャッシングの金利計算方法

 カードローンのキャッシング機能は、コンビニや銀行のATMから現金を引き出せる便利な機能です。引き出したお金は自由に使えるのですが、キャッシングは一時的にお金を借りているだけに過ぎず、利用すれば必ず返済義務を背負うことになります。返済は借りた金額だけでなく、サービス提供元が定める金利率によって利息の支払いを求められます。利息はサービスの利用料という見方をすると分かりやすく、キャッシングだと毎月利息が発生します。利息の金額は金利が同じでも、サービス提供元が定める金利計算方法次第で金額が異なります。
 キャッシングで使われる金利計算方法だと元金均等返済が有名です。元金均等返済は借り入れ残高を基準にして毎月の利息を計算します。追加の借り入れが出来るキャッシングやローンカードなどで利用されている計算方法です。返済で借り入れ残高が減れば、その分だけ翌月に発生する利息が減ります。毎月まとまった金額を返済していれば、トータルの支払い金額を安く抑えられるのが元金均等返済のメリットです。
 逆に毎月の返済金額が少ないと借り入れ残高が中々減らず、トータルの支払い金額で損します。他にも小額の借り入れを数年掛かりで返済しようとしたり、追加の借り入れを何度も行ったりするといったこともおすすめできません。キャッシングなどでお金を借り入れる際は金利計算方法をしっかり覚え、損しないように毎月の返済金額を決めると良いでしょう。

 

具体的な金利の計算例

キャッシングの金利計算例

 キャッシングの利率は1年間に掛かる金利である「年率金利」で表されているので、例えば1ヶ月(30日)を借入期間とした場合の利息額を計算するには、次の計算式を使います。「借入金額(元金)×年率金利÷365日×借入日数」です。年利18%で10万円を30日間借りた場合の計算例は、10万円×18%÷365×30日=1,480円になります。この金額が、1ヶ月間の借入にかかる利息です。よって、30日後に返済する額は10万円+1,480円=101,480円です。
 より簡潔に求めるならば、「借入金額×年利÷12」でも導くことができます。先ほどの金額と年利ならば、10万円×18%÷12=1,500円になります。これはあくまで概算なので、正確な額を求めるならば上記の計算方法が有効です。借入金額を複数月で分割して返済する「元金均等返済方式」の場合は、「元金残高×年利÷365日×30日」で各月の利息額を求めます。例えば1万円ずつ10ヶ月間で返済する場合は、1ヶ月目は先程求めた1ヶ月の利息額に元金から1万円を加え、11,480円を返済します。
 2か月目は元金残高9万円×18%÷365×30=1,331円が利息額です。よって、この月の返済額は11,331円です。このように返済最終月まで元金残高と利率から利息を求め、返済額を計算していきます。最終月の利息は1万×18%÷365×30=147円で、10,147円が返済額となり、借入金の返済が完了します。

 

初めてのキャッシングでの金利はどのように決まる?

キャッシングの金利計算例

 キャッシング業者でお金を借りる時の金利は、借入限度額によって決まります。借入限度額が多ければ金利が低く、限度額が少なければ金利が高くなる仕組みで、例えばアコムの場合、限度額が500万円以上での金利は3.0〜4.7%ですが、限度額が100万円未満での金利は7.7〜18.0%となっています。そして殆どのキャッシング業者は初めて借りる人に対し、少ない借入限度額(最大50万円程度)を設定するのが一般的です。そのため初めて借りる時の金利は、上限金利に近い17〜18%が適用されることになります。
 初めて借りる人に対して少ない借入限度額を設定するのは、初回利用者は融資を受けるキャッシング業者での、借入・返済などの利用実績がないからです。ただし、借入限度額の決定に関しては職業や年収、勤務先など申込者の属性も考慮されます。そのため年収の高い大企業に勤めている人、医師や弁護士など特別な職業に付いている人などは、初めて借りる場合でも100万円以上の借入限度額と低めの金利が設定される可能性があります。
 また上限金利から金利を引き下げるためには、借入限度額の増額審査に通る必要があります。審査に通るには、借入・返済を繰り返してキャッシング業者からの信用度を高めることが大切です。キャッシング申込後、すぐに増額審査を行っても通る可能性は低いので注意しましょう。またアルバイトから正社員になった時や、年収が上がった時など、申込時より良い方向に変わった場合は金利引下げ交渉に応じてくれる可能性があります。

 

キャッシングの金利を下げる方法は?

キャッシングの金利を下げる方法

 キャッシングを利用する際には利息を金融機関に支払う必要がありますが、その利息を決めるのが金利です。金利を下げることで利息を減らすことができるので、低金利のカードローンに借り換えることができれば有効な手段となります。しかし、審査に通らなければ意味がないので、まずは金融機関に優良顧客と認められることが重要となります。定期的に利用し、返済の遅れがないことが大切になってくるのです。ただし、限度額ぎりぎりまでの利用を何度も繰り返し、自転車操業のような状態の場合は気をつけなければなりません。非常にお金に困っている方と判断され、要注意人物と見なされてしまう可能性があるのです
 また、年収や勤務先の安定度、勤続年数や年齢、家族構成などキャッシングを申し込む際に必要な情報の信用度を上げることも大切です。出世によってこのような属性が良い方向に変化した際には、金利が見直される可能性があるのです。ただし、転職した場合は収入が増えても勤続年数が少なくなり、審査にマイナスになってしまうことも考えられるので注意する必要があります。限度額が上がれば金利が下がる傾向にあり、増額の申請をすることも有効な手段の一つです。
 会員サイトや電話で自分から連絡することで受け入れられることもあるのです。増額されるためには審査が行われますので、業者から提案された場合は問題なく通過しても、自分からの場合は厳しめの審査になることは覚悟しなくてはなりません。金利を下げるためには自分の収入に見合った分だけを借りてしっかりと返すことが何よりも大切で、限度額に関しても現実的な金額を希望することが求められるのです。

 

金利の安いおすすめキャッシング

 

キャッシング金利等比較一覧表

プロミス

オリックス銀行
カードローン

SMBCモビット
特徴  CMでお馴染みのプロミスは、女性専用のコールセンターがあり、初めての方にも女性の方にも安心して利用ができると好評です。また、初めて利用する方限定で契約完了の翌日から30日間、無利息でキャッシングが可能です。申し込みだけでなく、借入れ、返済もずべてWEBで解決します。  年利は1.7%〜17.8%で、利用額に応じた利率になっています。返済も借入残高が30万円以下:7千円から可能なので借り入れも返済も把握がしやすいからキャッシングの初心者でも簡単に利用ができます。無利息期間のサービスががないものの、他と比べて低金利でのかりいれができるというメリットがあります。  モビットアプリをインストールすればセブン銀行ATMで出金・入金がスマホで簡単にできちゃいます。書類提出もアプリのカメラを起動してすぐできる。三井住友銀行か、三菱東京UFJ銀行に口座があればカードレスなのでキャッシングカードの到着を待たずに即日融資が可能で便利です。
金利 4.5%〜17.8% 1.7%〜17.8% 3.0%〜18.0%
遅延利率 20.0% 借入残高に対し借入利率+2.1%(年率) 20.0%

無利息
(金利ゼロ)期間

30日
最大借り入れ金額 500万円 800万円 800万円
担保・連帯保証人 不要 不要 不要
返済方法 残高スライド元利定額返済方式※最終お借入後のご利用残高に応じて、返済額が変動 残高スライドリボルビング方式※最終お借入後のご利用残高に応じて、返済額が変動 借入後残高スライド元利定額返済方式※最終借入後の残高帯に応じて、返済額が変動

返済
シミュレーション

HPにあります HPにあります HPにあります
審査時間 最短30分 - 10秒簡易審査
申込方法 24時間WEBから申込み、電話確認必要なし WEBから24時間受付 WEB申込みをしてから、フリーダイアルへ連絡
グループ 三井住友銀行 オリックス銀行 三井住友銀行

 

低金利でキャッシングした方の体験談

 金利の計算ができるほど賢くもないので、比較サイトの活用は全てのことがわかったので便利でした。金利についての知識が無さすぎたので自分の借りたい金額に対してなんパーセントかかるのか?毎月の支払いは、どのくらいになるのか?支払期限は?とにかくとか、わからないことばかりだったから不安だらけでした。
 しかも複数社から借りている借金をまとめることで、支払う総額を減らすことができることも知らなかったから、同じ様に夢を追いかけてる役者仲間に教えてあげたいです。舞台の稽古をしながら定期的にバイトをしていたのでカードローンの申し込みができて、無事審査も通りました。保証人も必要ないので家族にバレずに借りることができて一安心です。先輩からのアドバイスで、借りすぎないということや、返済日を1日でも遅れると延滞金として金利が高くなったり、次に他の金融機関で借りる際に審査が通らないということ等を聞いたので、現在滞りなく返済中です。
 手元にある銀行じゃなくても簡単に契約ができるので、まずは沢山銀行が増えてしまうのは管理が行き届かなくなってしますので比較して一番低金利の金融機関と既にある銀行のキャッシングの金利を比較しました。私みたいにどこの金融機関が一番低金利なのか?悩んでいる方はまずこのやり方で比較してみると良いんじゃないかなと?思いました。私の体験談がこれから申し込んでみようかな?と思っている人達に参考になったら幸いです。
低金利でキャッシング女性の体験談
(20代:女性)

キャッシング金利記事一覧

借入限度額が高いほど低金利になります キャッシングには、借入限度額が設定されています。借入限度額とは、その金融機関から借りることのできる限度額ですが、個々に金額が設定されています。利用者側から限度額の希望を言うことはできますが、一般的には審査を通して決定するのです。借入限度額が高いと、金利はそれだけ安くなるという関係性があります。よって、借入限度額を高く設定できれば、有利な金利で借りることが出来る...

キャッシングの審査について 特に初めてのキャッシングの際に一番心配になるのが審査に通るかどうか?ではないでしょうか。大丈夫です、皆さん同じ不安をもって申し込みます。しかし審査の基準というのは公開されていないのでこうすれば必ず審査が通るという条件や、対策は残念ながらありません。 あまりにも高額な金額を借り入れようとすると、金融機関側もそれなりに支払い能力があるかどうか審査を厳しくチェックします。です...

キャッシングの金利に関する法律 利息制限法は、通称利限法とも言われ、金銭消費貸借契約における利息や遅延損害金の利率について制限を定めた法律です。1954年5月15日に公布され同年6月15日に施行されました。利息制限法によって、元本額が10万円未満の借金では利息が年利20%までに制限されており、同じく元本額が100万円未満では年利18%まで、元本額100万円以上では年利15%までと定められています。...

キャッシング利用の返済期間に関する情報 キャッシングの返済日は毎月決められた日ですが、金利というのは月単位ではなく一日ごとに加算されます。ですから返済期間が長くなればなるほど金利は高くなり、トータルで支払う金額が増えるというのは必然的である事は理解しておきましょう。 とにかく早く返済したい派の方は、無利息期間のあるキャッシング会社を選ぶといいでしょう。無利息で借りられる条件として初めての利用が条件...

キャッシングの金利について お金を借りる際に金利が低いところで借りたら良いというのは、イメージ的に解ると思いますが、キャッシングの金利についてもっと詳しく解説していきます。キャッシングでは、金利という表現よりも「実質年利」という、1年間にお金を借りたときにかかる金利のことを言います。 実際に各ホームページを見てみますと、実質年利が3.0%〜18.0%などと記載されています。この時に注目していただき...

page top