上限金利 下限金利

キャッシング比較ランキング > キャッシング 金利 > 上限金利と下限金利について

キャッシングを利用する際の上限金利と下限金利

キャッシングの金利について

 お金を借りる際に金利が低いところで借りたら良いというのは、イメージ的に解ると思いますが、キャッシングの金利についてもっと詳しく解説していきます。キャッシングでは、金利という表現よりも「実質年利」という、1年間にお金を借りたときにかかる金利のことを言います。

 実際に各ホームページを見てみますと、実質年利が3.0%~18.0%などと記載されています。この時に注目していただきたいのが、上限金利です。特に借り入れが初めての方は上限金利ので貸し出しというのが殆どの様です。(実際審査の結果により異なります)利息の計算方法を覚えておくと返済の計画が立てやすいです。【借りた金額×実質年利÷365日×1ヶ月(30日or31日)】という式が1ヶ月分の利息の計算になります。計算の苦手意識が強い方でも大丈夫です。各金融会社のホームページ上に返済シミュレーションとして返済の期間や利息や毎月の支払額を計算してくれますので安心してください。

 貸金業法で定められている金利ですが、貸金業法で上限が決まっています。借り入れ金額によって上限が異なるのですが、借入金額が10万円未満の場合上限金利は年20%、借入金額が10万円以上100万円未満の場合上限金利は年18%、借入金額が100万円以上の場合、上限金利は年15%と法で定められているので。万が一これ以上の金利で貸し付けている会社があったらそこは悪徳なヤミ金業者なので借りない様に注意しましょう。

キャッシングの上限金利と下限金利とは

 キャッシングサービスを利用する際、気になるのが金利ですよね。少しでも金利の低いところで借りたいというのが皆さんの本音です。そこで”金利が低いところで借りたいな”という点から見ると、銀行のカードローンをお勧めします。しかし、低金利の為審査が多少厳しくなりますし、審査の結果が出るのにも時間もかかります。”審査が早くて融資が早いのがいいな”という点から考えると、消費者金融がお勧めです。しかし銀行と比べると金利が高くなります。

 銀行と消費者金融の下限金利を比較してみると、銀行は2.0%前後、消費者金融は3.0%前後になっています。次に上限金利を比較してみると、銀行は14.0%前後、消費者金融は17.5%前後になっています。このことから解ることといえば銀行の方が金利が低いということになります。時間がかかってもいいから低金利でお金を借りたいという方にピッタリです。しかし、急ぎでお金が必要になった場合は消費者金融で借りるという選択肢もあります。消費者金融の中には30日から180日という期日が決まっていますが無利息で借りられるというところもあります。

 ですから、必ずしも低金利のところでお金を借りるというのが適しているということはありません。人それぞれ自身に合った借り方をするのが一番です。それぞれの会社の上限金利と下限金利を比較するのではなく、”借りたい金額に対して金利がどのくらいかかるのか?”という店に絞って探してみるといいでしょう。